まいタラROOM

千葉を中心としたあれこれを載せていくブログです☆

ごあいさつ♪

まいタラROOMへようこそ。

このお部屋では千葉を中心としたいろいろなジャンルのあれこれを投稿していこうと思います。

グルメや観光だけではありません。

駅や土地柄、穴場スポットなどについても発信していこうと思います。

ジャンルはかなりバラバラですがカテゴリーつけますので、ご覧になってください。


記事は基本的に偏見の塊です。

ご理解の方お願いします。

また、内容に関して誤りがある場合など、教えていただけると嬉しいです。


コメントやブックマーク等に関しては随時受け付けております。泣いて喜びます。

下記より最新記事となります。

~西千葉駅~

こんにちは、まいタラです。
今回は以前お伝えした千葉駅のお隣、西千葉駅です。
西千葉駅は総武線各駅停車駅になります。
総武線各駅停車といえば、嵐の二宮くんや相葉くん、山PなどのジャニーズがJr.のときにレッスンの行き帰りに使っており、チーム総武線といっていたそうです。

千葉駅から西千葉駅は歩くと20分かからない程度なので電車だとおよそ2分です。ちかーい!

f:id:rglove0917:20171010031656j:plain

西千葉駅の周辺には国立大の千葉大学があります。
千葉大学についてはまた今度お伝えしていこうと思います。
少し歩けば他にも大学や専門学校がたくさんあります。
学生の街なんですね。
特に遊べそうなスポットは無さそうですが、住むのには良さそうです。

ベッドタウンですが、それなりに居酒屋、カラオケ、バー、レストラン、ファストフード、ファミレスもあります。

大型の国道が近いので移動にも困りません。

駅としてはさほど大きくありません。
快速は止まりませんし、ホームも2つだけです。
ですがベッドタウン&学生街なので利用者数は駅の規模のわりには多いのではないかと思います。

千葉駅と違ってわざわざ西千葉駅にいく機会もない駅ですね。
近くには京成線も通っており、交通の便も良さそうです。

~泉自然公園~

こんにちは!今回は泉自然公園です。

今回は私が行ったことがなく、子供が生まれたら子供と一緒に行きたいスポットになります。

とにかく自然豊かというイメージですね。ゆったりのんびり過ごせそうです。先ほど泉自然公園のインスタグラムも拝見しましたが、お花がたくさんで様々な季節を楽しめそうでした。

f:id:rglove0917:20170705212659j:plain

上の画像だけでもお散歩してみたくなるような木漏れ日があって、子供の教育にもよさそうです。私たちの心も癒してくれそうです。

 

少し泉自然公園について公式ホームページで調べてみました。

季節ごとにイベントがあるみたいです。

過去にはフォトコンテストや自然の観察会、ボランティアなどもありました。

他にも親子で楽しめる手作り体験などもあるみたいです。特に男の子が喜びそうな内容ばかりでした。

 

園内は結構広く、水場もあるので小さいお子様は目を離さないようにしたいですね。

迷子ならいいですが・・・事故や事件に合っては大変です。

 

泉自然公園は日本のさくら名所百選にも選ばれており、紅葉も美しいことで有名です。半年後のお花見候補にいいかもしれませんね。最近では紅葉が楽しみな季節です。

 

園内には講堂があり、以前は利用可能でしたが耐震制度の都合で利用休止中です。

詳しくは問い合わせてくださいね。

 

泉自然公園は最寄駅からバスで結構かかってしまい、降りてからも10分ほど歩くので、自家用車をお持ちの方は車で行くことをおすすめします。

 

www.instagram.com

 

izumi-park.city.chiba.jp

~千葉ポートタワー~

こんにちは、まいタラです。

今回は千葉ポートタワーについてお伝えしていきます。千葉ポートタワーは展望タワーとして、ポートパーク内にあります。実は、東京から京葉線で一本でつくのです。最寄り駅である千葉みなとから徒歩で行ける距離です。

 

1Fはショップでゲームコーナーやキッズコーナーもあります。イベントホールもあり、季節ごとにいろいろなイベントがあるのでホームページで確認してください。

2Fはサンセットプロムナードになっています。こちらの展望フロアは恋人の聖地だそうです。恋人がほしいおひとり様も大歓迎です。

こちらでは愛の南京錠をフェンスにかけて二人の愛を誓いあうというモニュメントもあります。これはもともとローマのミルヴィオ橋に南京錠をかけて愛を誓いあうというものをこのモニュメントでやっているそうです。

f:id:rglove0917:20170702210641j:plain

3Fはブッフェレストランになっています。

4Fの眺望からは季節、時間などによって富士山も見れますよ。

夜景もすごくきれいです。

ポートタワーに来たときは夜もおすすめです。

 

先ほどから、4Fや3Fで見晴らしがいいのか?と疑問に思っているかもしれませんね。

地上に近いところにあるのではなく、地上100メートル付近にある4F、3F、2Fなのです。ちゃんと綺麗な景色が一望できますよ。

 

ポートタワーではフリーマーケットが開催されるときもあります。出店するもよし、掘り出し物を探しに行くもよし。その帰りに展望するもよし。夜景の見られるレストランもあるので、夜まで楽しめます。

 

その他にもたくさんイベントをやっているのでホームページから確認してみてください。

chiba-porttower.com

 

~ZOZOマリンスタジアム(千葉ロッテマリーンズ)~

これはさすがに千葉県民でなくとも知っている、千葉ロッテマリーンズ!の、ホームであるZOZOマリンスタジアムです。

千葉ロッテマリーンズについてはまたどこかでご紹介できればなと思います。

f:id:rglove0917:20170702195715j:plain

ZOZOもみなさんご存じ、ZOZOTOWNのことです。ZOZOの前はQVCマリンフィールドでした。その前は千葉マリンスタジアムでした。

マリンスタジアムはこのように名称をスポンサー(施設命名権取得者)によって変えています。ですが唯一譲れない、絶対譲らないのが「マリン」という名前です。スポンサーさんに必ず入れてもらうのが条件らしいです。海の近くでもあり、分かりやすくもあり、球団名にもあるマリン。千葉の人間からすると下手するとマリンだけで通じます。(言い過ぎですかね)

 

マリンスタジアムはもちろん球場。人工芝です。ドームではないので雨の日は傘やレインコートが必要です。結構新しいスタジアムで、今年で25周年です。

 

なんとマリンスタジアムには試合中のキッズハウスという臨時託児所があります。当日申し込みも、事前申し込みもできます。詳しくはホームページで確認してくださいね。

 

マリンスタジアムの近くはご想像通り、海です。敷地も広いため、千葉ロッテマリーンズの試合があるとき、中間で花火があります。しかも夏(期間限定)は浴衣着用すると入場料が割引されます。(無料だったかも・・・)その日のミス浴衣も選ばれるらしいですよ。

 

夏にマリンスタジアムに行くときは絶対に浴衣着ておしゃれしたほうがお得です。特に女子!!彼氏もメロメロのはずですよ。

 

www.marines.co.jp

 

余談ですが、今日9月17日は私、まいタラの誕生日です♪

~加曽利貝塚博物館~

本日はかなり歴史が深い加曽利貝塚についてお伝えしていきます。

そもそも貝塚とはなんでしょうか。貝塚自体は全国(全世界)に点在しています。

貝塚とは、人が食した貝の殻が蓄積した遺跡です。日本の縄文時代貝塚は多く、内容も豊かで土器、石器とともに埋葬人骨や各種の自然遺物が出土し、生活や環境復元資料として重要なものとなっています。(広辞苑参考)

つまり、貝塚がある→近くに村があった→土器、石器、人骨がある→歴史がわかる

ということですね。言い方悪いですが、貝塚は食べカスです。

f:id:rglove0917:20170702182831j:plain

約3か月前、平成29年6月16日に国の特別史跡にとして指定されています。

ほぼほぼ国宝のようなものです。

加曽利貝塚は遺物の保存状態も良好で情報量も豊富だということです。

また、加曽利貝塚は日本の貝塚の中でもかなり大きめらしいです。(海が近い)

 

加曽利貝塚博物館では昔の村の再現展示や貝塚の見学のほか、土器づくりまで体験出来ちゃいます。

縄文時代のあれこれを学べる博物館は日本の考古学者が知らないなんてありえないぐらいすごいところなんですよ。

随時イベントや縄文時代関連の手作りコーナーがあります。縄文時代のアクセサリー作りや試食会などがあります。グッズも売ってるみたいです。

 

中学、高校でこのあたりの歴史の勉強を必ず(ちょっとだけかもですが)すると思います。実際に遊びながら実物を見て学んで、テストで高得点とるのもいいかと思います。

 

アクセスはバス、モノレール、車など。最寄りの駅から徒歩は少し大変だと思います。

 

www.city.chiba.jp

~三陽メディアフラワーミュージアム(旧:花の美術館)~

こんにちは、今日は素敵な綺麗な千葉市花の美術館のご紹介です。

今はフラワーミュージアムという名称らしいです。フラワーミュージアムは稲毛海浜公園にあります。稲毛海浜公園についてはまた今度!お楽しみにしていてください。

f:id:rglove0917:20170702175150j:plainf:id:rglove0917:20170702175209j:plain

もちろん季節によって見ごろの花は変わってきますので、下記ホームページより確認してください。

温室棟、展示棟、休憩棟、屋外の前庭、中庭、後庭に主に分かれています。

全体で16000種、48000株の植物が私たちの目と鼻と心を癒してくれます。

休憩棟には花を楽しみながら食事ができるレストランもあります。

赤ちゃん大歓迎、車いす大歓迎、写真撮影大歓迎(ルールは守ってください)、ペット大歓迎(ルールは守ってください)です!

写真撮影およびペット同伴の方については多少ルールがありますので、ホームページで必ず確認してくださいね。

 

随時フェアやイベントもやっているので是非親子やカップルで参加してください。

過去にはコンサートやラベンダースティックづくりなどがありました。

 

フラワーミュージアムでは、植物に関する相談(みどりの相談コーナー)やフラワーアレンジメントなどの講座も行っています。

図書室もありお花に関する書籍がたくさんあります。

美術館として目を保養させるだけではなく、学ぶこともできるんです。

 

展示されているのは生花だけではありません。

花にまつわる世界の名画映、花や植物をモチーフにしたアート作品も見ることができます。

 

アクセスはバスか車がおすすめです。最寄り駅から徒歩でも行けますが、少し歩きます。お年寄りやお子様連れの方、お体の不自由な方は是非バスをご利用くださいね。

 

inage-kaihinkouen.jp